上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の負けでホークスの2010年シーズンが終わりました。

2004年のプレーオフに負けたのに始まり6度目のチャレンジでしたが、
またも短期決戦に敗れて日本シリーズに出場する権利は獲得できませんでした。

今年こそ目の前で胴上げが見たい!と、6試合全てドームへ応援に行ってきました。
平日は仕事後に毎日往復3時間かけて、ドームにいる時間の方が短かったりもしたけど。

何から書こう?と思って2005年のロッテとのプレーオフの最終戦後のブログを読み返してみたら
思ってたことが5年前もあまり変わってなかった。
2005/11/18 プレーオフ第5戦 ロッテ優勝決定 :: hawks stars* blog
過去の日記を読み返すって何だか恥ずかしい気持ちになりますけどね~

ただ、今年は144試合戦ってリーグ優勝したことがなくなる訳じゃない。
「リーグ1位通過」しか残らなかったこの時とは違うんだし。
3位でCS制覇するよりリーグ優勝の方が価値があると思うんですが、
でも世間的にはそんな感じではないんですかね…。

短期決戦は本当に難しい。
でも今さらルールがどうこうではないと思うので、
来年またCSの挑戦権を獲得するところからやるしかないんです。

今回のCSは「貧打」のひと言に尽きるでしょう。
これだけみんな揃って打てないと監督の采配どころではないですしね。
ある人に「何で杉内を…」と言われかけたので、続きを聞かないうちに
「杉内の文句を言うようなニワカにいろいろ言われたくないんです!」と言い返してしまいました。
普段から応援してない人に限って結果論でいろいろ言うんですよね。
投手の継投が上手くいかなかったのも、あれが今年のホークスの戦い方だったんですし。

個人的には川崎さんの打てない姿を見るのがつらかった…。
出来ることなら他に代わりにスタメンで出てくれる人いないかなって思ってしまったし、
無安打の度に記事に載る気丈なコメントが逆に痛々かった…。
試合後に剛とサブローさんと握手して慰められてる姿に涙してしまいました。

あとは馬原さんが里崎に5年越しでこの舞台でリベンジ出来たことも嬉しかった。
どうしても5年間あのことが頭から離れなかったので、嬉しかったです。
そして攝津くんのヒーローインタビューも初めて球場で見ることができました。

もちろん悔しいことには変わりないんだけど、負けた悔しさで涙は出ませんでした。
CSでは投打ともにマリーンズに力が及ばなかったことは事実だし、
今の状態で日本シリーズに出場するのに相応しいのはマリーンズだったってこと。

ただ、目の前で一生懸命応援していた小さな女の子が泣いていて、
それを隣にいた同じくらいの年の女の子が慰めてあげていて…
さすがにその光景にはもらい泣きしちゃいましたけど。
あのオジサンたちがこんなカワイイ子を泣かしたんだーって(笑)

マリーンズにはパリーグ代表として出るからには日本シリーズも頑張ってもらいたいです。
西岡くんがライトスタンドのホークスファンに向かって
帽子を取って頭を下げてくれた姿は嬉しかったです。
昨年から応援団のこととかいろいろあったけど、本当に素晴らしい選手になりましたよね。

ホークスには今シーズンも1年間たくさんの感動をもらいました。
本当に本当に感謝です。ありがとうございました!!
試合はこれで終わりですが、試合が終わってもまだホークス中心の生活に変わりはないので
これからもいろいろと楽しませてくださいね♪

ホークスの胴上げを撮影するために外野観戦でもカメラを持っていったのにな…
悔しいけどこれが現実としっかり受け止めて、来年リベンジするぞ!!







※入力しておくと後で編集できます。
Secret(けいこへ直接メッセージ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。