上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズン最後の山場といわれていた10連戦が終了。
10連戦中のハム戦は3勝1敗1分と健闘したのに、それ以外で1勝4敗…。
結果的には4勝5敗1分と負け越しでした。まさかロッテ・西武で4連敗とはね。
去年、6連敗でシーズンが終わったのを思い出した。
でもまあ、終わったことは仕方がない。
残り8試合を全勝しても追いつくとは限らないけど、残り試合を全部勝つしかないんだし。
イチローさんの言ってた「今まで大事な試合に負けてきた罰」なんですかね。仕方ない。
マリナーズのことではあるんだけど、このコメントを見て胸が痛かったな・・・。

4連敗して札幌に乗り込み、連敗を止めたのはやっぱり和巳さんでした。

去年のプレーオフ以来の札幌ドームのマウンド。
投げられる球数にも限界がある中での今シーズン最後になるかもしれない登板、
無駄な球が1球もないほどの気迫のこもった投球でした。
打者にタイミングを外されてもマウンドで動かない和巳さん、去年とは変わってないなぁ。
投げてる姿を見てるだけで涙が出てきてました。まだ涙を流すのは早いんだけど・・・。
ピンチを抑えて吠える和巳さん、今季初めてかな。本当に感激しました。

あの和巳さんの姿を見て野手が奮起しないわけにはいかないでしょう。
攻撃陣では久しぶりにホームラン攻勢。正太郎が打つとは思わなかったなー!
正太郎は結果を残して日に日に自信が出てきてて、それがいい方向に出てるみたい。
あの弱気だった去年までの正太郎じゃないもんね。大人になったなぁ。
和巳さんの後を受けたニコさんがハラハラさせてくれたけど、
結果的には1点リードは保ったまま次の投手にリレー。
7回を乗り切れば、8回水田さん、9回ぅまーくんで1点差を守りきる。
これで和巳さんの札幌の悪夢も払拭できたし、何とか逆転優勝の可能性を残す直接対決での1勝。

とにかくこの2連戦は2勝しないと意味がない。
そんな大事な試合に登板したのは、前回完封勝利のナギさん。

昨日の試合、勝てる試合だったんだけどなぁ・・・。

ナギは大一番でよく頑張ったと思います。
相手がホークス打線の大嫌いな武田勝だし、援護も期待できない。
おまけに札幌ドームのホームベースからフェンスまでの広さで恐怖倍増だったし。
初回から飛ばしてたとはいえ、5回で交代はちょっと早かったよなぁ…。
結果論とはいえ、後ろの投手を考えたらもう1イニングは投げさせて欲しかった。
でもナギ続投で逆転負けしてたらまた弱気なナギに戻っちゃってたかもしれないし。
昨日は今シーズンあまり見ることができなかった強気に攻めるナギが見れて嬉しかった。
前日の和巳さんも見てただろうし、和巳さん日記にも書いてあった檄が効いたのかな?
昨日の感じだったらクライマックスシリーズでの先発も任せられるかな。去年は出られなかったしね。

僅少差でリードした時点で先発が降板してしまえば、ヒヤヒヤしながら9回に辿りつくまではひたすら我慢。
こういう試合展開では今のホークスのブルペンには柳瀬・水田・ニコ・馬原の4人しかいないようなもの。
あれだけ危なっかしいニコと、4イニング目で明らかに力の落ちてるぅまーくんよりも
信用されてない中継ぎってどうなのよー。三瀬さんも藤岡くんも投げてみなけりゃわからないし。
テレビで控え投手の名前が出ても、そりゃ続投で仕方ないよなぁ、って思っちゃうもん。
9回から登板したぅまーくんは抑え転向後最長の4イニングを投げて無失点。
先発の経験があるとはいえ今後のことが心配で・・・。途中からベンチにいる時も顔が真っ赤だったもんなぁ。最後まで本当にありがとう。いつものように援護してあげられなくて申し訳ない…。
結果的には水田さんが同点打を打たれしまったけど、エンドランで1本のヒットで1塁ランナーが生還できるハムと、せっかく満塁にしても初球を簡単に打ちあげてしまうホークスとの攻撃の差が出てしまったということでしょう。
水田さんはここまで何度も抑えてくれてたし、もっとランナーが溜まってればぅまーくんにスイッチもあったかなぁと思うけど、あれはどうしようもなかったかな・・・。

打線はまさかの武田勝をノックアウト。試合結果は別としてこれはクライマックスシリーズに向けて期待が持てる内容だったかな。
勝己の代わりにアダムを昇格させて猛打賞だったっていうのは良かったんだけど、捕手2人体制はやっぱり厳しいよなぁ…。2人目の捕手がケガでもしたらどうするのよ?
そして代打にとっておいた左打者3人が全員そろって凡退。直之さんは後で打ちましたけども。
秀則が右投手に弱いのは分かるけど、代打1番手が本間さんっていうのもどうかと・・・。
1点勝ってたから8回裏から捕手を代えるタイミングだったのかもしれないけど、追いつかれてしまえば5番マットンがもう代えられないっていうリスクを考えての代打としてはちょっともったいなかったかな。
12回はマットンが四球を選んでシバに回してくれて、打ってくれると思ったんだけど・・・。
相手の萩原が荒れすぎだったのが逆効果だったかな。マイケルが降りて萩原が出てきた時にはいける!と思ったんだけどな…。オリのときもそんなに苦手じゃなかった気がしたし。
最後の最後はもう負けたかと思ったけどね、打者が田中幸雄だっただけにランナー3塁ストップにならなくて助かった。 あれでサヨナラ勝利なんて劇的な終わりなんてされてしまったら、この試合だけじゃなくて最後までハムの勢いのままにシーズンが終わってしまいそうだもん。
2年前の初芝さん、去年のSHINJOと引退する選手に痛い目に遭わされてばっかりな気がしますが、今回はとりあえず阻止ということで。
最後に親戚の大田原くんと対戦させてあげたかったけど、残念ながらウチのチームの若手育成能力では時間がちょっと・・・。

負けなくて良かったとは思うんだけど、やっぱり勝たなきゃいけなかった。
もちろん和巳さんの言うとおり奇跡を信じてないわけじゃないんだけど、厳しすぎるよ・・・。
とにかく福岡に帰ってきてとりあえず5連勝しよう!
全勝して1位に追いつかなくたって仕方ない。とにかく最後の意地を見せて!!!
昨日みたいな試合が出来てれば、勝てるはず。

※入力しておくと後で編集できます。
Secret(けいこへ直接メッセージ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。