上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


北九州での試合、そりゃあそんな普通な試合になるとは思ってないけどさ。
そこまで盛り上げてくれんでもいいよ。
6点差あったんだよ?ありえねー。
テレビで見てたら「球場へ行かれた方、お気の毒に…」って思うもんな。
ホントにお気の毒ですよ。ある意味貴重な体験ができました。
「漫画でもお目にかかれないような痛恨の大逆転負け(@西スポ)」ですからね。
あんな試合見たら疲れてても寝れないって。今日の仕事休もうかと思ったもん。

6回の途中に風船を飛ばしたのは嫌がらせじゃないです。
2アウトからふくらませて30分以上持たされてたらそりゃ手の力もなくなるわ。
無意識のうちに気がついたときには風船が手元からなくなってました。

試合結果:
ソフトバンク 10-11 楽天
【楽天】有銘、永井、松崎、渡辺恒、牧野、河本、小倉、○福盛(4勝1敗16S)
【ソフトバンク】新垣、柳瀬、スタンドリッジ、ニコースキー、水田、●佐藤(2勝1敗)、篠原
安打:【楽天】16、【ソフトバンク】14
ソフトバンク スコア速報 7月11日: nikkansports.com

昨日の記録:
試合時間:5時間6分(9回までの試合でパリーグ最長記録更新)
登板投手数:15人(ソ7・楽8、9回までの試合でプロ野球記録更新)
そしてナギさん、シーズン20個目の暴投でプロ野球タイ記録。


北九州劇場の伝説にまた新たな1ページを刻んじゃいましたね。
この試合のことはきっといつまで経っても忘れません。
そして私の今年のホームゲームの観戦勝率が2割になりました。
3勝12敗。ひどくないですか。しばらく行くのをやめようかと本気で思いました。

あ、このあともまだまだ愚痴が延々続きます。
でも最後にはムネリンの写真もあるよ、とテレビ番組のCMまたぎみたいに最後に載せてみた(笑)

後から思えばナギの暴投が劇場の始まりで。
暴投が出ても気にしなければ…と思ったら直後にホームラン。
もう少し粘って欲しかったけど、やっぱり信用されてないので交代。
今年のナギはランナーを残しての交代が多いんだよなぁ。
試合前にブルペンに向かう杉本コーチに誰かが「今日の新垣の調子は?」って聞くと、渋い顔で手を横に振られました。
それで少しは覚悟してたんですが、それでも途中までは良さそうだったのにねぇ。

それでも楽天の敬遠球の暴投とか、シバのラッキー2点タイムリーとか、向こうから頂いた流れもあって6点差はもう余裕だと思ったよ。
シバがよほどあのヒットが嬉しかったのか、2塁ベース上でもその後の守備につくときまでも、ずっと笑い続けてました。
うん、その頃まではそんな雰囲気だったんだよねぇ。

ところが、スタンドリッジが2死を取ってからが悪夢のような展開でした。
ニコが出てきた時点で、嫌な予感はした。
前回「北九州ではもう投げたくない」って書いてたの、杉本さん見てない…よなぁ。
これからニコを使うならブログもチェックしといてください。
まぁ起用への愚痴ばっかりですけど。
北九州で外国人投手が投げると、まーいいことないね。
古くは先発ラジオが暴言退場したりとか、去年はDJカラスコが初先発で1回に6失点したりとか。
そして水田さん。王監督がマウンドまで行ってあんなに怒るなんて年に1回ぐらいしかないけど、水田さんにはそれが逆効果だったんでしょうか。
思いっきり行けと言われたんだろうっていうのは声が聞こえなくてもわかったけど、直後にまさかの逆転2ランHR。思いっきりってそうじゃないよ…。
今年の水田さんは違う!と思ってここまでは見てたのに、この1試合でやっぱり水田さんってこうだったよなぁっていう印象に逆戻り。
そうは言っても現状の中継ぎ陣ではいてもらわないと困る存在だし、
これで自信をなくされる三瀬さんパターンだけは勘弁して下さい。
2アウトランナーなしから7失点。これが最初で最後だと信じたい。

その直後の球場の最悪なムードの中、代打秀則がどこまでも飛んでいく同点ホームラン!!
あれには本当に感動して鳥肌立った!無意識に立ち上がったまま動けなかったもん。
これでこそ北九州、今日は何が起こるか分からないし
これで流れがまた変わる!って思ったんだけどねぇ・・・。

同点に追いついた直後の8回表、水田さんから交代した誠さんが逆転被弾を許してまた1点差。
そしてその裏にブキャさんが同点タイムリー。ブキャさんの北九州の活躍っぷりは凄い!
そしてその後の9回表、誠さんのランナーを残してシノさんが逆転タイムリー。1本目のヒットでもう結末は見えてた。タイムリーを打たれてもやっぱりね、としか言葉も出ず。
そしてその裏はもう追いつけずに試合終了。もういいよ。
延長戦でもないのに11時を過ぎてるし、最後は応援する気力も体力ももう残ってない。
また馬原さん温存で敗戦ですか。どうも納得いかない。

そして最後は北九州恒例のグラウンド乱入。そんなの恒例にしてもらっても困る。
まぁやってる人たちは試合なんて見てなくてそのために来てるようなもんなんだろうけど。
でもこの日はその気持ちもわからなくもない。

昨日は私の席の何列か前に某選手のお母様とお兄さんが見にいらしてたんですが、まさかこんな試合になるとは…。
お母様は最後の最後まで試合を観戦されていて気の毒でした…。

投手が抑えても援護がない、打線が爆発すればその分打たれる。
これがチームのどん底だよと言いながらもうシーズンの半分も過ぎちゃいましたよ。
優勝しなきゃ、ってあんまり思い込みすぎちゃダメだね。楽天ぐらい気楽にやらないと。
去年は3位のチームなんだしさ、残り全試合勝てるわけでもないんだし。


そうそう、前日の和巳さん復帰のことも書きたかったんだけど…。
復帰1試合目であれだけ投げられるという姿が見られただけで、嬉しかったです。
本当は打線が援護してあげてチームが勝ててれば和巳さんの会見もああいう感じではなかったと思うんだけど。
次の登板は無理をしないで8月になってからでもいいし、少しずつ長いイニングが投げられればいいのかなぁと思います。


最後に試合前のアップ中の写真でも。
この頃はこのあとにあんな劇場が待ってるなんて思いもしなかったけど。
前回北九州での試合の前日にケガをしてしまった宗則さん、今回は元気な姿が見れて良かったです。
松田くんは目の前すぎてピントが合わなかった…。
(ちゃんとした写真もあるのでそれは個人的に送るから~!)
スタンドから「マッチ~」って呼ばれて、周りの選手のほうがニヤニヤしてました(笑)

  
  

※入力しておくと後で編集できます。
Secret(けいこへ直接メッセージ)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。