上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の負けでホークスの2010年シーズンが終わりました。

2004年のプレーオフに負けたのに始まり6度目のチャレンジでしたが、
またも短期決戦に敗れて日本シリーズに出場する権利は獲得できませんでした。

今年こそ目の前で胴上げが見たい!と、6試合全てドームへ応援に行ってきました。
平日は仕事後に毎日往復3時間かけて、ドームにいる時間の方が短かったりもしたけど。

何から書こう?と思って2005年のロッテとのプレーオフの最終戦後のブログを読み返してみたら
思ってたことが5年前もあまり変わってなかった。
2005/11/18 プレーオフ第5戦 ロッテ優勝決定 :: hawks stars* blog
過去の日記を読み返すって何だか恥ずかしい気持ちになりますけどね~

ただ、今年は144試合戦ってリーグ優勝したことがなくなる訳じゃない。
「リーグ1位通過」しか残らなかったこの時とは違うんだし。
3位でCS制覇するよりリーグ優勝の方が価値があると思うんですが、
でも世間的にはそんな感じではないんですかね…。

短期決戦は本当に難しい。
でも今さらルールがどうこうではないと思うので、
来年またCSの挑戦権を獲得するところからやるしかないんです。

今回のCSは「貧打」のひと言に尽きるでしょう。
これだけみんな揃って打てないと監督の采配どころではないですしね。
ある人に「何で杉内を…」と言われかけたので、続きを聞かないうちに
「杉内の文句を言うようなニワカにいろいろ言われたくないんです!」と言い返してしまいました。
普段から応援してない人に限って結果論でいろいろ言うんですよね。
投手の継投が上手くいかなかったのも、あれが今年のホークスの戦い方だったんですし。

個人的には川崎さんの打てない姿を見るのがつらかった…。
出来ることなら他に代わりにスタメンで出てくれる人いないかなって思ってしまったし、
無安打の度に記事に載る気丈なコメントが逆に痛々かった…。
試合後に剛とサブローさんと握手して慰められてる姿に涙してしまいました。

あとは馬原さんが里崎に5年越しでこの舞台でリベンジ出来たことも嬉しかった。
どうしても5年間あのことが頭から離れなかったので、嬉しかったです。
そして攝津くんのヒーローインタビューも初めて球場で見ることができました。

もちろん悔しいことには変わりないんだけど、負けた悔しさで涙は出ませんでした。
CSでは投打ともにマリーンズに力が及ばなかったことは事実だし、
今の状態で日本シリーズに出場するのに相応しいのはマリーンズだったってこと。

ただ、目の前で一生懸命応援していた小さな女の子が泣いていて、
それを隣にいた同じくらいの年の女の子が慰めてあげていて…
さすがにその光景にはもらい泣きしちゃいましたけど。
あのオジサンたちがこんなカワイイ子を泣かしたんだーって(笑)

マリーンズにはパリーグ代表として出るからには日本シリーズも頑張ってもらいたいです。
西岡くんがライトスタンドのホークスファンに向かって
帽子を取って頭を下げてくれた姿は嬉しかったです。
昨年から応援団のこととかいろいろあったけど、本当に素晴らしい選手になりましたよね。

ホークスには今シーズンも1年間たくさんの感動をもらいました。
本当に本当に感謝です。ありがとうございました!!
試合はこれで終わりですが、試合が終わってもまだホークス中心の生活に変わりはないので
これからもいろいろと楽しませてくださいね♪

ホークスの胴上げを撮影するために外野観戦でもカメラを持っていったのにな…
悔しいけどこれが現実としっかり受け止めて、来年リベンジするぞ!!







スポンサーサイト

前回に続いて、神戸3連戦の最終日である日曜日の様子をお届けします。
前回まではこちら→神戸遠征 Part.1(9/15更新)神戸遠征 Part.2(10/6更新)



球場に入ると和田くんがブルペン投球を終えたところでした。さわやかな笑顔ですこと!


外野での練習から戻ってきた馬原さん、サインをしてくれてました。
間近で見た二の腕に目がくらんでしまいましたよ!!(笑)


試合前のグラウンド上では子どもたちのキャッチボールイベントが行われていて、
そこにいたマックのドナルドとキャッチボールする宗さん。


背後からドナルドが見てる(笑)


目の前を通って試合直前のブルペンに向かうトナリンに
「トナリ、暑いけどハッピーに行こうぜ!」と笑顔で声をかけていた宗則先輩。
今までにマウンド上でトナリンを厳しく叱る場面も見てましたが、
このひと言に先輩の優しさがつまってました。
こういうことをさらっと言える宗さん、やっぱり素敵だなぁ。


宗さんの言葉を受けて、ブルペンで最終調整するトナリン。


宗さんの身体の柔らかさ、羨ましい~。


あまりに近すぎてこんなアングルでアップの様子を見てました。


アップが終わってサイン中。


この日も眩しさ防止シール装着のマッチ。


前日に続いてこの日もスタメン出場の江川くん。


前日4安打の宗さん、この日は1打席目の内野安打1本だけでした。


江川くんの先制タイムリーに腕を突き上げるマッチ。





この日のトナリンは5回途中までを2失点。
いつものように小久保キャプテンに声をかけられながら、
それまでの試合に比べると粘り強く投げてくれました。


2番手で登板の甲藤くん。
これまで散々袖をまくることでみんなの注目を浴びてましたが
神戸ではものすごく暑いのに長袖を着てました。
癖がバレるから、という話もありましたがその後は半袖に戻ってましたし、謎のままです。


3番手は森福くん。山田くんとの身長差…!(笑)
この日の森福くんも完璧なピッチングでした。
甲藤くん、森福くんがいることで終盤どれだけチームが救われたことか。




ラッキー7のホークスファンが飛ばした黄色い風船がブルペン内にも入ってくるんですが
SBMそろって自ら風船拾いをしてましたよ(笑)



あまりの暑さに耐えられなくなり、コンコースの日影から試合を見守っていたら
マッチが同点ホームラン!!
こういう誰も打ちそうにない時に打ってくれる空気の読めなさ(誉めてます 笑)はさすがマッチ!!



同点に追いついてからはSBMの先陣を切ってファルキーが登板。
ポンちゃんに話かけてたけど、何だったのかな?

ここで馬原さんがピッチング練習を始めます。
3日目にしてやっと念願の馬原さんのピッチングの様子を見ることが出来ました!
前日までは練習すら始める状況にならなかったので。。。




正面からピッチングを見られるなんて最高でした!



攝津くんが連投してたこともあり、同点の8回から馬原さんが登板です。

馬原さんのスカイマークといえば、過去にいろいろありましたが…
この日は2イニングをきっちり無失点に抑えてくれました。

馬原さんが投げている間に決着が着けばよかったんですが、
同点のまま攝津くんもピッチング練習を始めます。




10回表。

塁上で真剣な眼差しの宗さん。


小久保さんのレフトオーバーのタイムリーで勝ち越し!

勝ち越してしまえばあとは攝津くんがその裏を抑えるだけ。

バックスクリーンの方を向いて、いつもの儀式。


守備で宗さんのいいプレーもありました。

3人で抑えて試合終了!
苦しい展開でしたが、連敗を4で止めて、神戸でやっとの1勝です。

みんなでハイタッチ。
攝津くんはこれがプロ初セーブになりました。






キャプテンのヒーローインタビュー。
タイムリーがどうというより2日間暑い中疲れたというのが本音なようでした。
勝って博多に帰るのと負けて帰るのは大違い、まさに私たちも同じ気持ちでした。
土曜・日曜ととにかく暑かったですが、
最後にみんなの笑顔を見て締めくくれたので良かったです!


試合結果:プロ野球スコア速報 オリックス対ソフトバンク : nikkansports.com

もう随分前のことになってしまいましたが、
せっかく記事を準備していてアップしてなかったので今更ですがアップしておきます。
負け試合も優勝してしまえばいい思い出として振り返れますもんね~。

今回は神戸での3連戦の2試合目、土曜日編。

この日は9月に入ったということで土曜日でもデーゲームでした。
とんでもない暑さで、ずっと席に座っていられるような状況ではありませんでした。
グラウンド上やスタンドは40度を超えてたとも言われてたようで…。
翌日もデーゲームということで、すでにこの時点で気が遠くなりそうでした(;´Д`)

この日の先発はスギさん。

普段は先発投手がブルペン入り前にストレッチするところから見れることはないので、
ずっと釘付けになって見てました。

IMG_2768.jpg














ポンちゃん。
もっとたくさん撮ったつもりが、ちゃんと撮れたのが案外少なかったなぁ…。


屋外デーゲームでしかなかなか見られない、目の下のシール。
最近のはロゴみたいなのが入ってるんですね~。


マッチはシール+サングラス。


この日の円陣はマッチが声掛け。
小久保キャプテンと宗則選手会長の表情からマッチの発言がだいたい想像できますww

この日のスギさんも前週と同じであまり調子が上がらず…。
2試合続けて5回まで投げきらないうちに降板となってしまいました。


ここのところ絶好調な森福くん。

IMG_3466.jpg
中継ぎの投手が登板する時は、他のブルペン待機の投手たちがみんな拍手で送り出すんですよね。
負け試合での登板でもみんなで拍手して、すごくいいシーンが見れました。


そして攝津くんもブルペンでのピッチングを開始。








ついついたくさん撮り過ぎてしまいます(^-^;



攝津くんはビハインドの展開から登板したんですが、
カブレラ選手にHRを打たれてしまいました…。
カブレラ選手はその次の打席でも山田くんから2打席連続HRを打ちまして、
とんでもないパワーを見せつけられました。
もう誰が投げても打たれそうな雰囲気ですもん…。



その攝津くんの球を受けていた勝己くんの様子が急におかしくなり、
一瞬何が起こったのかわからなかったんですが、
熱中症で水分が足りず足がつったとのこと。
江川くんが飲み物を渡して首元を冷やしてました。
この日はオリックスの大引選手も熱中症で途中交代でしたし、
お客さんも運ばれたりしたようなので、来年以降考え直してもらえるでしょうかね。


そしてこの日も守護神様のピッチング練習すら始まらないままに試合終了です…。
神戸ではずっとNHKのカメラが馬原さんを撮影してたので何だろう?と思ってたんですが
今週末に放送される特集用だったんですね。
全国ネットで馬原さん特集なんて嬉しすぎる…!!



試合結果:プロ野球スコア速報 オリックス対ソフトバンク : nikkansports.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。